履歴書

ランスタッドの評判を知ろう|働く意欲が湧く会社

撮影現場等を支える仕事

男の人

美術センスや技術も必要

テレビ番組や映画の撮影現場では俳優やタレントなどの出演者に関心が集まりがちですが、大道具や小道具といった美術スタッフも重要な役割を果たしています。小道具は主に家具や雑貨・道具類などの製作を担当しているのに対して、大道具は舞台セットの製作から組み立て・撤去までが受け持ち範囲です。そのため小道具を使わないような番組やイベント会場でも大道具が活躍しており、撮影現場に限らず幅広い仕事をこなしているのです。現在ではテレビ番組の撮影や展示会等のセット組み立てなどの際、美術製作会社に外注するのが一般的となっています。大きな美術制作会社になると大道具担当も多くの部署に分かれており、舞台セットの骨組みを製作する部署や背景を描く部署など役割分担が進んでいます。部署ごとに必要なスキルも変わってきますが、舞台セットの製作や組み立て・撤去までを手がける部署はどうしても力仕事が多いものです。女性には不向きな職業と見なされているため、求人情報でも男性に限定している場合が少なくありません。背景を描く部署は大道具であっても美術センスが求められ、美術関連の大学・短期大学や専門学校卒業者の方が採用に有利となります。大道具の仕事では全般に力だけでなく技術も問われてきますので、未経験者可としている求人でも経験者は採用されやすいのです。とは言え大道具の求人では学歴・経験不問としている案件が多く、特別な資格なども必要としない点では誰でも応募しやすい職種と言えます。大道具の仕事を行っている美術製作会社は多くのイベント会場や展示会場のブース設置なども手がけているため、臨時の求人も多く発生します。未経験の人はまずこのようなアルバイトから始めて現場の雰囲気を覚え、徐々にスキルアップしていくのもいいでしょう。地道な仕事を通して技術力と美術センスを磨いていけば、将来的に美術助手や美術デザイナーを目指すこともできるのです。